三菱ケミカルホールディングス(4188)の株価 割安で高配当だが…

三菱ケミカルホールディングス株価
この記事は約3分で読めます。

三菱ケミカルホールディングス(4188)の株価から買い時・売り時を考察していきます。

結論から言えば、買いの銘柄です。

ただし、配当が発生する場合にのみ買い判断です。

三菱ケミカルホールディングス株価まとめ

・比較的割安な株価

・今期も7%の減益を計画

・1株辺りの配当は3.78%、24円

・配当が続く限りは買い目線

三菱ケミカルホールディングス(4188)の株価情報

三菱ケミカルホールディングスの株価

株価:634.3

PER:18.38倍

PBR:0.77倍

BPS:824.07

配当金:24円

配当利回り:3.78%%

2020/5/29のデータ

三菱ケミカルホールディングスの事業内容

事業セグメント

機能商品:30%
ケミカルズ:32%
産業ガス:19%
ヘルスケア:14%
その他:5%

総合化学首位。

化学・レイヨン・樹脂が合併した三菱ケミカルが中核。田辺三菱製薬、大陽日酸も。

三菱ケミカルホールディングスの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

三菱ケミカルホールディングスの株価を見る限り順調ですが、暴落が何度か発生しています。

2015年、2016年、2018年と下落しています。米中貿易摩擦の影響もあり、石油化学製品の需要減が原因と推測します。

経常利益の推移

2021年は減益予想か?


2017年:2,583 億円
2018年:3,440 億円
2019年:2,848 億円
2020年:1,220 億円
2021年:-

業績はやや減益です。

2,000~3,000億で推移しています。

財務状況

自己資本比率:22.8%

有利子負債自己資本比率:195.11%

ROE:4.24%

EPS:38.08円

流動比率:106.4%

有利子負債が多い。

田辺三菱製薬をTOBで完全子会社化した影響で、投資CVは大幅なマイナスとなりました。

三菱ケミカルホールディングスの株主優待

三菱ケミカルホールディングスの株主優待はありません。

三菱ケミカルホールディングスの今後

もともと純利益は対前年度で減益予想。しかし状況は悪化しています。

石油化学事業の需要減により、今後も厳しい状況は続くと予想します。

まとめ

石油関連の需要減から厳しい状況が続くと予想します。

しかし、田辺三菱製薬の完全子会社化など、安定した企業基盤が出来つつあります。

不安定さもありますが、配当が継続なら買いの判断です。

コメント