ソフトバンクグループ(9984)の株価 買い銘柄なのか?

ソフトバングループ株価
この記事は約3分で読めます。

ソフトバングループ(9984)の株価から買い時、タイミイングを考察していきます。

結論は、今買いの株銘柄です。

ソフトバングループ株価まとめ

・スプリントがTモバイルとの合併承認へ

・経営不振のWeWorkの2021年に黒字化計画

ソフトバングループ(9984)の株価情報

ソフトバングループの株価

株価:5,751

PER:-倍

PBR:1.50倍

配当金:44円

配当利回り:0.92%

2020/02/12のデータ

ソフトバングループの事業内容

事業セグメント

ソフトバンク事業:45%
スプリント事業:37%
アーム事業:2%
ブライトスター事業:11%
その他:2%

巨額投資ファンド運営。傘下にソフトバンク、米スプリント、英ARM、持分法に中国アリババを所有。

ソフトバングループの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

長期チャートでトリプルトップを形成中。

投資事業の赤字の影響が大きいものの、株価は上昇しています。

株価6,000あたりが分かれ目か?

経常利益の推移

2020年は減益予想。


2015年:12,130 億円
2016年:9,191 億円
2017年:7,125 億円
2018年:3,846 億円
2019年:16,913 億円
2020年:-

2019年は利益が1兆を超えることもあります。

懸念材料でもある「ソフトバンクビジョンファンド」が今度どの程度影響を及ぼすかが注目です。

2020年1月時点ではWeWork、OYO事業の赤字は大きい。

財務状況

自己資本比率:21.1%

有利子負債自己資本比率:205.8%

ROE:22.04%

EPS:1,268.15円

流動比率:105.8%

有利子負債が多すぎる状況です。積極的な買収、そして、巨大企業だからできる事です。

とはいえ適正な範囲を大幅に超えているとも見れます。

ソフトバンクグループの株主優待

ソフトバンクグループ(ソフトバンク、ワイモバイル、インターネット)の割引があります。

ソフトバングループの今後

今後の施策として気になるポイント。

投資事業の赤字垂れ流し状態を改善、または損切できるか?

まだ隠れている赤字事業を早期黒字化、もしくは辞める判断ができるかどうか?

まとめ

ソフトバングループの株価は大型投資の影響が大きく響きます。

赤字の投資事業を早期に黒字化、もしくは黒字化への道筋を経てるかが課題です。

その意味では、スプリントとTモバイルの合併承認の影響は、市場に大きなプラスのイメージをもたらしています。

また、Weworkの黒字化は急務ですが、2021年の黒字化計画が実現できれば大幅に業績を改善できます。

不安要素は残るもの、底値から順当に株価を上げてきたソフトバンクグループは今買いの銘柄と言えます。

コメント