ソニー(6758)の株価 買い時はいつ?どこまで上がるか?

ソニー株価
この記事は約4分で読めます。

ソニー(6758)の株価から買い時・売り時を考察していきます。

結論から言えば、今は買い時です。

ソニー価まとめ

・売上高は二期連続の増収

・半導体の売上が好調

・営業利益も二期連続で増益傾向

・今期の経常利益は減益予想

ソニー(6758)の株価情報

ソニーの株価

株価:7,700

PER:17.73倍

PBR:2.43倍

配当金:-

配当利回り:-

2020/02/04のデータ

ソニーの事業内容

事業セグメント

G&NS(ゲーム&ネットワークサービス):26%
音楽:9%
映画:11%
HE&S(ホームエンタテインメント&サウンド):13%
IP&S(イメージング・プロダクツ&ソリューション):8%
MC(モバイル・コミュニケーション):6%
半導体:9%
金融他:18%

AV機器大手。海外でブランド力絶大。イメージセンサー、ゲーム、映画・音楽分野に重点。

MC(モバイル・コミュニケーション)

携帯電話やインターネット関連サービス。ソニーモバイルコミュニケーションズやソネットで展開。

G&NS(ゲーム&ネットワークサービス)

ゲーム機やソフトウェア。ソニー・コンピュータエンタテインメントなどで展開。

IP&S(イメージング・プロダクツ&ソリューション)

コンパクトデジタルカメラ、ビデオカメラ、一眼カメラなどの消費者向けカメラ、そして事業者向けの放送用・業務用機器。さらに医療用・研究用機器の事業。

HE&S(ホームエンタテインメント&サウンド)

テレビ、オーディオ・ビデオが含まれる。ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社等で展開。

映画

映画製作、テレビ番組製作、メディアネットワークに分かれる。ソニー・ピクチャーズエンタテインメントで展開。

音楽

音楽製作、音楽出版、映像メディア・プラットフォームに分かれる。ソニー・ミュージックエンタテインメントなどで展開。

金融

生命保険、損害保険、銀行。ソニーフィナンシャルホールディングスやソニー生命、ソニー損保、ソニー銀行で展開。

半導体・その他

半導体(イメージセンサーやカメラモジュール)、コンポーネント(電池や記録メディア)が含まれる。ソニーセミコンダクタソリューションズグループ等で展開。

ソニーの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

長期的に見ると、チャートは上昇中。

赤字だったソニーのPC事業を売却した2013~2014年ごろが株価の底。

その後は順調に上昇しています。

経常利益の推移

2020年は減益予想。


2015年:397 億円
2016年:3,045 億円
2017年:2,516 億円
2018年:6,990 億円
2019年:10,116 億円
2020年:8,600 億円 (会社予想)

経常利益の推移を見る限り、着実に増益を出しています。

2020年は地政学的リスクが顕在化し、先行きが不透明な状況。

リスクを見定めた上で、中期的な成長が出来るかがカギと言えます。

財務状況

自己資本比率:19.3%

有利子負債自己資本比率:36.28%

ROE:27.30%

EPS:723.41円

流動比率:92.0%

自己資本比率は低く、流動比率も良くはない。

資産の81%は負債での調達です。

金融業が事業としても含まれているため自己資本比率が低くなる傾向ですが、他の事業も多く展開していることを考えれば自己資本比率は低い状態。

ソニーの株主優待

ソニーの株主優待は、ソニーストアオンライン(ソニー公式通販サイト)、ソニーストア各店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)、ソニーショップで対象商品を割引価格で購入できる電子クーポン。

100株以上で、株主特典AV:AV商品(テレビ、カメラ、オーディオなど)15%OFF、株主特典VAIO:VAIO本体(VAIO株式会社製)3%OFF。
※Xperia(TM)スマートフォン、プレイステーション(R)、aiboなど一部商品には利用不可。

また、保有期間によりヘルスケア商品のプレゼントがあります。

ソニーの今後

ソニーは、まるで保険業のような財務基盤をしています。

しかし、それを考慮しても自己資本比率が低い状態です。

ただ、今後の新商品・Playstaiton5の発売等、復活する機会も多くあり、今後が非常に楽しみです。

まとめ

ソニーの株価は7,000代を付け、更に上昇していく可能性があります。

現時点では買いです。ただ、次回の決算発表時に大きなマイナス要因があれば売りです。

配当もそこまで望める銘柄ではありませんが、日本エンターテインメントを支える企業の1つです。

ソニーの株は、「今」買い時の銘柄と言えます。

コメント