株式投資の始め方「初心者向け」

シャープ(6753)株価はなぜ下がる?過去最高値からひどい下落幅。株主優待は?

シャープ株価
この記事は約3分で読めます。

シャープ(6753)の株価から買い時・売り時を考察していきます。

シャープの株価は過去最高値からなぜ下がるのか?

割安の理由分析しつつ、買い時を探ります。

結論は、比較的買い銘柄です。

シャープ株価まとめ

・2016年に台湾の鴻海精密工業グループにより買収

・最終利益の減少止まらず、2Q累計は18%の大幅減…

・株主優待制度なし

シャープ(6753)の株価情報

シャープの株価

株価:2,330

PER:24.76倍

PBR:1.47倍

BPS:551.96

配当金:-

配当利回り:-

2021/02/13のデータ

シャープの事業内容

電機大手。テレビ、液晶パネル、白物家電など展開。

台湾・鴻海精密工業の子会社。

事業セグメント

スマートライフ事業:35%
8Kエコシステム事業:50%
ICT事業:15%

スマートライフ事業…スマートライフ家電をベースにしたスマートライフサービス。白物・黒物家電の事業となります。

8Kエコシステム事業…8K+5Gエコシステムは、シャープだけではなく他の企業と連携し、8Kを発展・普及させていく戦略。映像の作成、加工から、配信、表示までの一連のバリューチェーンを様々なパートナー企業と構築。放送分野のみならず、医療やセキュリティ、検査システム、インフラ保守など様々な分野で大きなイノベーションの実現を目指す。

IOT事業…シャープではAIoTとして展開しています。AIoTとは「AI(Artificial Intelligence:人工知能)」と「IoT※(Internet of Things:モノのインターネット)」を組み合わせたシャープの造語です。日々の生活の身近な存在である、家の中の様々な家電やIT機器をクラウドにつなぎ人工知能化する事業です。

シャープの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

長期チャートでは低迷していますが、10年チャートでは株価上昇中です。

直近の株価は2,000円前後。

過去の最高値23,800付近からすると、株価は約10分の1にまで落ち込んでいます。

経常利益の推移

2021年は減益か?


2017年:250 億円
2018年:893 億円
2019年:690 億円
2020年:555 億円

2021年は業績悪化が免れない状況。

鴻海の買収後着実に積み上げていると見れますが、厳しい状況は続きます。

財務状況

自己資本比率:32.1%

有利子負債自己資本比率:15.02%

ROE:6.70%

EPS:34.31円

流動比率:126.4%

財務状況としては、有利子負債が多少多いものの問題はありません。

有利子負債自己資本比率は比較的高い状況ですが、流動比率が悪いとも言えない数値。

シャープの株主優待

シャープの株主優待は特にありません。

シャープの今後

まとめ

厳しい状況ではありますが、国内企業としては優れたメーカー。

現在の株価からすると比較的、買い銘柄と判断できます。

コメント