トヨタ自動車(7203)の株価 買い時・売り時はいつか?

トヨタ 株価
この記事は約3分で読めます。

トヨタ自動車(7203)の株価から買い時・売り時を考察していきます。

結論から言えば、買い銘柄です。

トヨタ株価まとめ

・持続的に上昇している株価

・保有資産の多さ、毎年1兆のCFを生み出せる力

・自動車業界の転換期が課題

・2Q累計最終利益は微増ながらも4期ぶりに過去最高を更新

トヨタ自動車(7203)の株価情報

トヨタ自動車の株価

株価:6,309

PER:7.54倍

PBR:0.86倍

BPS:7,304.02

配当金:-

配当利回り:-

2020/03/12のデータ

トヨタ自動車の事業内容

事業セグメント

自動車:89%
金融:7%
その他:4%

ほぼ9割が自動車事業となっています。

自動車ローン・クレジットから金融セグメントも含んでいます。

トヨタ自動車の株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

トヨタ自動車の株価は長期的に上昇している。

2015年のチャイナショックで一時的な株価の下げが見られるものの、長期的には上昇しており、比較的安心できる銘柄です。

経常利益の推移

2020年は増益予想。


2015年:2兆8,928 億円
2016年:2兆9,833 億円
2017年:2兆1,938 億円
2018年:2兆6,204 億円
2019年:2兆2,854 億円
2020年:2兆6,300 億円 (会社予想)

通期の同利益を従来予想の2兆5,600億円から2兆6,300億円に2.7%上方修正。

増益率が12.0%増→15.1%増に拡大する見通しです。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の累計売上高が4%増と連続で過去最高を更新しています。

財務状況

自己資本比率:38.2%

有利子負債自己資本比率:101.5%

ROE:9.64%

EPS:650.55円

流動比率:103.6%

財務状況に問題なし。

ただし、投資CFのマイナスが多い状況。

1.自動運転、2.コネクテッドカー(インターネットへの常時接続自動車)、3.自動車シェアリング、4.EV対応への積極的な投資を行っています。

トヨタ自動車の株主優待

トヨタ自動車の株主優待は特にありません。

トヨタ自動車の今後

▼2020年

 2人乗り超小型EV(電気自動車)発売

▼2021年

 新モデルを18車種投入

▼2025年

 電動車(EV・HV)の世界販売を550万台目標

当初2030年に予定していた電気自動車の投入を5年早めた、2025年が注目のです。

まとめ

国内・海外でも知名度の高いトヨタの株価自動車はまだまだ上がる可能性を秘めています。

積極的な投資・財務状況から、自動運転技術・電気自動車の対応にも抜かりなしです。

・未来を見据えた積極的な投資を実施

・財務状況良好

・計画を5年前倒しできる適応力

・日本が誇る自動車メーカー

世界に誇るトヨタ、営業CFと投資CFを足したフリーCFでも1兆円を誇ります。

優良な企業でもあるトヨタ自動車は素晴らしいと株と言えます。

株価が大きく下がった後、上昇が見込める銘柄です。

コメント