東レ(3402)の株価 株価が下落の理由は?割安も配当はイマイチ

東レ株価
この記事は約3分で読めます。

東レ(3402)の株価から買い時・売り時を考察していきます。

株価は割安ですが、配当利回りはイマイチな銘柄。

繊維製品セクターであれば、旭化成や帝人の方が買いです。

とはいえ、割安で株価上昇も狙えます。

東レ株価まとめ

・比較的割安な株価

・1株辺りの配当は2.9%、16円

・2020年3月期の経常利益は1033億円

東レ(3402)の株価情報

東レの株価

株価:550.8

PER:12.24倍

PBR:0.76倍

BPS:724.19

配当金:16円

配当利回り:2.90%

2020/5/28のデータ

東レの事業内容

事業セグメント

繊維:41%
機能化成品:36%
炭素繊維:9%
環境・エンジ:11%
ライフサイエンス:2%
その他:1%

繊維中心、繊維から派生した事業セグメントです。

衣料や産業用途の繊維事業が大黒柱。

炭素繊維複合材で世界首位。

電子材料、水処理膜等も有力。

東レの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

東レの株価は低迷していますが、長期的には400円代が底値です。

東レの株価は2018年、1100円台から750円程度まで下落。理由としては

・2018年の営業利益の減少
・炭素繊維事業の不振

が上げられます。

底値を考えれば、上昇しつつあり割安で買いとも見れます。

経常利益の推移

2021年は減益予想か?


2016年:1,501 億円
2017年:1,437 億円
2018年:1,523 億円
2019年:1,345 億円
2020年:1,033 億円

業績は減益です。

原材料費高騰で利益率圧迫していると考えられます。

1,000億~1,500憶円を前後しています。

財務状況

自己資本比率:40.6%

有利子負債自己資本比率:85.97%

ROE:7.15%

EPS:49.61円

流動比率:171%

負債割合が高く気になるところ…。

財務状況は正直なところ、パッとしません。

東レの株主優待

東レの株主優待はありません。

東レの今後

コロナショックを受け苦戦していますが、防護服の需要が高まり等、化学・医療分野での展開・開発が進めば、回復の鍵となります。

しかし、中長期計画で示されていますが、あくまで航空・自動車系等のGHG排出(温室効果ガス)抑制が売上のメインです。

航空・自動車関係が戻ってこなければ厳しい状況に。

まとめ

割安な株価でありつつも、様子見な銘柄です。

繊維セクターであれば、旭化成や帝人といった銘柄が買いです。

コメント