株式投資の始め方「初心者向け」

KDDI(9433)の株価 配当利回りと株主優待が人気!

KDDI株価
この記事は約3分で読めます。

KDDI(9433)の株価から買い時・売り時を考察していきます。

通信・情報の代表格企業でありながら、高配当・株主優待が人気の銘柄です。

いつが買い時でしょうか?

結論として、若干割高ですが買い銘柄です。

KDDI株価まとめ

・3Q累計売上高は3%増と連続で過去最高を更新!

・1株あたりの配当利回りは3.52%、115円

・株価3,000以下なら買い、ベストは2,500付近

KDDI(9433)の株価情報

KDDIの株価

株価:3,270

PER:12.28倍

PBR:1.74倍

BPS:1,875.94

配当金:115円

配当利回り:3.52%

2020/03/05のデータ

KDDIの事業内容

総合通信大手。携帯・光回線を展開。

物販など非通信伸ばしライフデザイン企業への脱皮模索中。

次々と新しいビジネスへ展開中。

事業セグメント

パーソナル:75%
ライフデザイン:9%
ビジネス:12%
グローバル:4%
その他:1%

一番の収益源である個人向け携帯電話の通信料やインターネットの回線料金などが7割を占めています。

KDDI配当金の推移

NTTの配当は順調に増配。

2016年:70 円
2017年:85 円
2018年:90 円
2019年:105 円
2020年:115 円(会社予想)

KDDIは2002年度より17期連続の増配を実現しています。

「配当性向40%超」で今後も、持続的な増配を目標としています。

KDDIの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

KDDIの株価は、3,500付近をピークとして2,500からのレンジ形成をしています。

最高値の株価を抜けられない状態が続いていますが、緩やかな上昇をしています。

経常利益の推移

2020年は減益予想


2016年:8,184 億円
2017年:8,958 億円
2018年:9,551 億円
2019年:1兆102 億円
2020年:-

KDDIの営業利益率は年々向上し、2019年3月期は約20%です。これがKDDIの強みです。

営業利益率が高い理由は競合他社の少なさです。今後もこの状況は続くと想定されます。

財務状況

自己資本比率:57.1%

有利子負債自己資本比率:28.48%

ROE:15.52%

EPS:259.10円

流動比率:176.55%

財務状況としては、問題ありません。

有利子負債自己資本比率は比較的低く、資産を保有していることが分かります。

KDDIの株主優待

KDDIには株主優待として、カタログギフト(KDDIが運営する総合通販サイト「Wowma!」のグルメ品から選ぶ)があります。

最低単元の100株保有の場合、5年未満までは3000円相当ですが、5年以上では5000円相当にグレードアップします。長期保有のインセンティブになりますね。

KDDIの今後

NTTの課題は海外事業の成長と経費削減です。

また、NTTの今後のEPS上昇を考える上では自社株買いを除くことはできません。

NTTは投資家還元に積極的で自社株買いを行っています。

引き続き自社株買いを行っていくか注目です。

まとめ

KDDIは業績・財務が良好な銘柄と言えます。

全体的なバランスが整った、優良企業です。

結論として、買いの銘柄であり、高配当も期待できます。いつでも買いと言えます。

コメント