SUMCO(3436)の株価 なぜ株価は下がり続けるのか?

sumco株価
この記事は約2分で読めます。

SUMCO(3436)の株価から買い時・売り時を考察していきます。

半導体用ウエハ生産の世界シェア、30%弱の2位の企業です。

買い銘柄、保有すべき銘柄と言えるのでしょうか?

結論は、買い銘柄と言えません。

SUMCO株価まとめ

・株価は長期的に見ても低迷

・長期保有としても向かない銘柄

・今後の世界経済を見ても厳しい

SUMCO(3436)の株価情報

SUMCOの株価

株価:1,282

PER:11.35倍

PBR:1.10倍

BPS:1030.39

配当金:34円

配当利回り:2.73%

2020/03/14のデータ

SUMCOの事業内容

旧住友金属と三菱マテリアルのシリコンウエハを統合、コマツ系も合流しています。

半導体用で世界首位級の企業です。

事業セグメント

高純度シリコン:100%

半導体デバイスの材料になるシリコンウエハの製造を行っており、専門性が高い分野です。

SUMCOの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

長期的に見ても最高値3,000付近で抵抗、一度下がるとどこまでも下がり続ける傾向があります。

直近の株価の推移を見ると、株価は低迷気味です。

経常利益の推移

2020年は減益予想か


2016年:99 億円
2017年:367 億円
2018年:830 億円
2019年:483 億円
2020年:-

2020年3月14日時点の情報で、コロナショックの影響を含んでいません。

世界経済影響を大きく受ける分野で、2020年の減益はほぼ確実と言えます。

財務状況

自己資本比率:56.5%

有利子負債自己資本比率:14.83%

ROE:4.53%

EPS:116.93円

流動比率:192.2%

財務状況としては、問題ありません。

有利子負債自己資本比率は比較的低く、流動比率も問題ありません。

SUMCOの株主優待

SUMCOの株主優待は特にありません。

SUMCOの今後

半導体市場の動向は世界経済の状況を大きく受けます。

今回のコロナショックの影響からも影響大と考えるべきです。

まとめ

SUMCOは、半導体分野で世界でもシェアを有数企業です。

しかし、現在の世界情勢・コロナショックの影響を憂慮すべき。

結論として、買い銘柄とは言えません。

コメント