株式投資の始め方「初心者向け」

ワークマン(7564)の株価 優良企業で株主優待が人気!

ワークマン株価
この記事は約3分で読めます。

ワークマン(7564)の株価から買い時・売り時を考察していきます。

株価急落でも買いと言える銘柄でしょうか?

結論として、買いです。株価下落時に買いの銘柄です。

ワークマン株価まとめ

・通期経常利益計画を24.5%上方修正!

・今後株価下落時に買い

・株価5,000以下なら確実に買い

ワークマン(7564)の株価情報

ワークマンの株価

株価:6,690

PER:40.75倍

PBR:7.29倍

BPS:917.71

配当金:36.5円

配当利回り:0.55%

2020/03/10のデータ

ワークマンの事業内容

作業服、関連用品の専門チェーン。

ワークマン独自のPB比率が高く、利益に貢献。

直営店のFC化推進し、全国展開目指しています。

事業セグメント

直営店売上:14%
加盟店向け売上:60%
加盟店収入:21%
他営業収入:5%

ワークマンは直営店と加盟店(FC展開)でワークマン独自の商品をメインに販売しています。

事業セグメントを見る限り、加盟店向けの売上と店舗収入で8割を占めている事がわかります。

加盟店に売上・利益が作りやすいビジネスモデルであり、加盟店を大切にしている姿勢が分かります。

商品については、作業着として販売していたものが、一般アパレルでも通用する商品として浸透してきています。

ワークマンの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

ワークマンの株価は、近年急上昇し、一時10,000円を超える状況に。

直近の株価は6,000~7,000円代を推移しています。

チャートから10,000に株価が到達したタイミングで買われ過ぎであり、6,000~7,000代はターゲット価格内です。

経常利益の推移

2020年は増益予想


2016年:99.4 億円
2017年:107.3 億円
2018年:118.5 億円
2019年:147.5 億円
2020年:203.0 億円(会社予想)

毎年経常利益を上昇させており、優良と言えます。

引き続きこの利益を出し続けていけるか注目です。

財務状況

自己資本比率:56.5%

有利子負債自己資本比率:14.83%

ROE:4.53%

EPS:116.93円

流動比率:192.2%

財務状況としては、問題ありません。

有利子負債自己資本比率は比較的低く、流動比率も問題ありません。

ワークマンの株主優待

ワークマンの株主優待は特にありません。

ワークマンの今後

ワークマンは今まで作業着の販売を中心としており、工場勤務・大工などガテン系の方がメインターゲットでした。

現在は主婦層~若年層にも受け入れられる商品を開発し、機能性×デザインを実現させ新規市場開拓が進んでいます。

新規・既存共に売上・利益増ですが、現時点の問題は製造を中国メインで行っていることです。

ワークマンが機能性が高くデザイン性が優れた商品が提供できるのは、提携している中国企業があってのこと。

コロナショックからの立ち直り状況を踏まえ、今後の製造依頼先の戦略見直しが必須となりそうです。

まとめ

ワークマンは自社だけでなく、加盟店へに対しても手厚いサポートができる優良企業です。

今後、新規の市場開拓がどこまで進むか?エリア展開はどの範囲まで行うのか?また、今後の新商品製造元は分散させるか?

このあたりがポイントになりそうです。

しかし、国内企業でほぼ確実に上昇見込める企業です。

結論として、買い銘柄であり、今買いと言えます。

コメント