株式投資の始め方「初心者向け」

ユニゾホールディングス(3258)の株価 何故海外からも注目されるのか?

ユニゾ株価
この記事は約3分で読めます。

ユニゾホールディングス(3258)の株価から買い時、タイミイングを考察していきます。

ユニゾホールディングスは国内の不動産、特に東京都内のオフィスの賃貸を手掛けています。HISからのTOB、フォートレス、ブラックストーンからの買収提案を受けています。

ブラックストーン:ユニゾHDへのTOB価格を5600円に引き上げ
参考:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-28/Q4T01ET1UM1301

短期的には売買価格に注意する必要があるものの「買い」です。また、中長期的にも買いの銘柄です。

ユニゾホールディングス株価まとめ

・想定される株価に対し、ブラックストーン社の買収提案により株価が上昇

ユニゾホールディングス(3258)の株価情報

ユニゾホールディングスの株価

株価:5,190

PER:6.25倍

PBR:1.41倍

配当金:0円

配当利回り:0%

2020/01/28のデータ

ユニゾホールディングスの事業内容

事業セグメント

不動産:77%
ホテル:23%

不動産事業がメイン、ホテル事業も行う。

海外不動産も所有しており、ニューヨーク、ワシントンD.Cで複数物件を所有。

任天堂の株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

TOB、買収話から株価が急上昇。

本来の想定株価、2,000~3,000に対し、買収提示額が5,000、5,600と吊り上げられています。

このため株価は急上昇していますが、失敗・決裂した場合、成功した場合、どちらを取っても株価が急変する可能性大です。

経常利益の推移

2020年は減益予想。


2015年:73 億円
2016年:85 億円
2017年:104 億円
2018年:115 億円
2019年:117 億円
2020年:82 億円(会社予想)

昨年のフリーCFがプラスに転換。

財務状況

自己資本比率:16.3%

有利子負債自己資本比率:501.14%

ROE:11.91%

EPS:356.56円

流動比率:137.1%

不動産事業を展開しているため、有利子負債は自己資本を比較しても多くなっています。

ユニゾホールディングスの株主優待

ユニゾホールディングスが運営する、ホテルユニゾ等ご予約時にユニゾグループのホテルページで提示する客室料金から割引があります。

保有枚数、保有期間によりことなります。

ユニゾホールディングスの今後

買収が繰り広げられていますが、決着は難しいと思われます。

まとめ

2019年の東京オフィスの空き率は2%とかなりの低水準です。

更に、一気に不動産の取得ができるとあれば、海外勢が多少株価が上昇しても手にしたい理由があります。

短期的には売買価格に注意する必要があるものの「買い」と言えます。また、中長期的にも買いの銘柄です。

コメント