株式投資の始め方「初心者向け」

日本マクドナルドホールディングス(2702)の株価 株主優待が魅力だが…

日本マクドナルドホールディングス株価
この記事は約3分で読めます。

日本マクドナルドホールディングス(2702)の株価から買い時・売り時、タイミイングを考察していきます。

結論から言えば、安定的な配当が期待できる、買い銘柄です。

日本マクドナルドホールディングス株価まとめ

・3Q累計経常利益は19%増で2期ぶりに過去最高を更新!

・1株あたりの配当利回り0.66%、33円

・株主優待の優待食事券が魅力

日本マクドナルドホールディングス(2702)の株価情報

日本マクドナルドホールディングスの株価

株価:5,000

PER:36.53倍

PBR:3.89倍

BPS:1,286.13

配当金:33円

配当利回り:0.66%

2021/01/01のデータ

日本マクドナルドホールディングスの事業内容

事業セグメント

直営店販売:70%
フランチャイズ収入:30%

外食の国内大手。

世界的ハンバーガーチェーン。米国本社の影響大きい。FC店比率は約7割。

日本マクドナルドホールディングスの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

長期、10年チャートを見る限り、4,500~6,200円代でレンジを形成しています。

2004年~2015年の価格帯は2,000円付近。

安定したチャートと見れます。

経常利益の推移

2020年は増益予想。


2016年:66 億円
2017年:197 億円
2018年:256 億円
2019年:274 億円
2020年:285 億円 (会社予想)

ここ数年は年を追うごとに経常利益が増加。

2016年以降に客数・客単価が上昇し、既存店売上が好調だったことが起因しています。

更に、コロナ禍に則した販売形態、テイクアウトでの売上を伸ばし今期は増益予想となっています。

財務状況

自己資本比率:71.9%

有利子負債自己資本比率:0.31%

ROE:11.05%

EPS:127.00円

流動比率:158%

流動比率がは高め。有利子負債自己資本比率も低く優れています。

日本マクドナルドホールディングスの株主優待

日本マクドナルドホールディングスの株主優待は100株以上の保有でもらうことができる優待食事券です。

優待食事券はバーガー類、サイドメニュー、ドリンクの商品お引換券が6枚ずつで1冊。

権利確定月は6月と12月の年2回。

優待食事券
100株以上:1冊
300株以上:3冊
500株以上:5冊

日本マクドナルドホールディングスの今後

外食市場規模15兆5,000億円に対して、マクドナルドは約5,240億円です。

2020年以降も継続的に成長を続けていくために、以下の取り組みを掲げています。

・全店売上高 年平均5%以上成長
・営業利益/経常利益 年平均10%以上成長
・ROE10%以上

事業モデルを大きく変える内容はありませんが、デリバリーの拡充を今後実施していくと見られます。

まとめ

日本マクドナルドは外食の最大手であり、事業改革も成功しているとみれます。

また、テイクアウト・デリバリーへの対応もいち早く対応しており、コロナ禍でも売上増です。

この先コロナが終息しても、しなくても事業活動に大きな問題はなさそうです。

財務状況も問題ありません。

以上から、安定的な配当が期待できる、買い銘柄と判断します。

コメント