ブリヂストン(5108)の株価 高配当が魅力な買い銘柄!

ブリジストン株価
この記事は約3分で読めます。

ブリヂストン(5108)の株価から買い時・売り時を考察していきます。

結論から言えば、買いの銘柄です。

配当も良く長期的に期待で、購入すべき株です。

ブリジストン株価まとめ

・世界トップのタイヤ製造メーカー

・財務的にも問題なし

・株価3,000円代なら買い

ブリヂストン(5108)の株価情報

ブリヂストンの株価

株価:3,374

PER:8.33倍

PBR:1.07倍

BPS:3,149.29

配当金:160円

配当利回り:4.74%

2020/5/26のデータ

ブリヂストンの事業内容

事業セグメント

タイヤ:84%
多角化:16%

タイヤで世界首位。

米ファイアストンやバンダグを買収。

アジアなど新興国や特殊タイヤを強化。

多角化は「化成品、工業用品、スポーツ用品」の3つの部門です。

ブリヂストンの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

ブリヂストンの株価は長期的に上昇、10年チャートでは下落。株価3,000円代は買い。

2010年の1,500円代から、2020年では約2倍の株価で推移しています。

経常利益の推移

2021年は減益予想。


2016年:4,325 億円
2017年:4,005 億円
2018年:3,811 億円
2019年:3,168 億円
2020年:2,250 億円 (会社予想)

直近5年では経常利益が減少しています

売上の方はほぼ過去最高水準ですが、利益が出せていない状況です。

海外タイヤの販売・多角化事業が影響しています。

財務状況

自己資本比率:58.0%

有利子負債自己資本比率:22.70%

ROE:12.54%

EPS:404.95円

流動比率:223.2%

財務状況に問題なし。

投資CF、財務CFでマイナスが見られるものの、 営業CFが優れています。

ブリヂストンの株主優待

ブリヂストンの株主優待はありません。

ブリジストンの今後

2019年にTom Tom社のデジタルフリートソリューション事業を買収しています。

デジタルフリートソリューション事業は、運送及びパーソナルモビリティ分野で業界をリードするデータプラットフォームを提供し、ドライバーや運行状況に関する様々なデータの管理・提供を通じて、ドライバーや運送業者の安全性・効率性・生産性の向上に貢献。

次世代のモビリティ社会への取り組みの一環です。

まとめ

高配当で有名なブリヂストン。株主優待はありませんが、安定した配当は魅力的です。

また、過去からの株価上昇を見ても、長期保有に適した株と言えます。

ブリヂストンは長期的な上昇と配当が狙える株です。

コメント