株式投資の始め方「初心者向け」

orenkabu

まとめ記事

株式投資の始め方「初心者向け」

株の初心者に重要なことは「資金管理」しかし、資金力が必要な株式では購入できる株が限られます。そこで1株単位から購入できる証券会社を利用することで初心者でも株取引が可能です。
個別銘柄分析

オービックビジネスコンサルタント(4733)の株価 どこまで上がる?配当は?

オービックビジネスコンサルタント(OBC)(4733)の株価から買い時・売り時を考察していきます。オービックの持分法適用関連会社。無借金経営。流動比率も高く経営が安定しています。結論として、買いです。押し目で買いたい銘柄。
2020.07.15
個別銘柄分析

キーエンス(6861)の株価 なぜ高い?買い時は?どこまで上がる?

キーエンス(6861)の株価から買い時、タイミイングを考察していきます。 結論としては、買い時ではない銘柄である...(続きを読む)
2020.07.04
個別銘柄分析

三菱UFJリース(8593)の株価 連続増配でコスパの良い高配当株!

三菱ケミカルホールディングス(4188)の株価から買い時・売り時を考察していきます。株価は比較的割安です。結論から言えば、買いの銘柄です。配当が続く限りは買い目線。株主優待はありません。1株辺りの配当は3.78%、24円。
個別銘柄分析

コシダカホールディングス(2157)の株価 買い時・売り時はいつ?

コシダカホールディングス(2157)の株価から買い時・売り時を考察します。 結論としては、基本的には買いだが、...(続きを読む)
個別銘柄分析

リクルートホールディングス(6098)の株価 買い時・売り時はいつ?

リクルートホールディングス(6098)の株価から買い時・売り時を考察します。 結論としては、基本的には買いだが、...(続きを読む)
2020.06.05
個別銘柄分析

三菱ケミカルホールディングス(4188)の株価 割安で高配当だが…

三菱ケミカルホールディングス(4188)の株価から買い時・売り時を考察していきます。株価は比較的割安です。結論から言えば、買いの銘柄です。配当が続く限りは買い目線。株主優待はありません。1株辺りの配当は3.78%、24円。
個別銘柄分析

東レ(3402)の株価 株価が下落の理由は?割安も配当はイマイチ

東レ(3402)の株価から買い時・売り時を考察していきます。株価は割安ですが、配当利回りはイマイチな銘柄。繊維製品セクターであれば、旭化成の方が買い。株主優待なし。1株辺りの配当は2.9%、16円。
個別銘柄分析

旭化成(3407)の株価 ノーベル化学賞受賞も株価は割安!?

旭化成(3407)の株価から買い時・売り時を考察していきます。株価は比較的割安です。結論から言えば、買いの銘柄です。独立系の総合化学企業です。株主優待はありません。1株辺りの配当は4%、34円。
2020.05.29
個別銘柄分析

ブリヂストン(5108)の株価 高配当が魅力な買い銘柄!

ブリヂストン(5108)の株価から買い時・売り時を考察していきます。結論から言えば、買いの銘柄です。配当も良く長期的に期待で、購入すべき株です。株主優待はありません。配当利回り4.74%、160円。
個別銘柄分析

デンカ(4061)の株価 コロナ関連銘柄は買い時か?見込みは?

デンカ(4061)の株価から買い時、タイミイングを考察していきます。デンカは国内唯一のマロン酸ジエチルメーカーです。結論としては、短期的に買い銘柄です。2020年5月のアビガン承認には至りませんでしたが、買い時です。
2020.05.27
個別銘柄分析

アンジェス(4563)の株価 コロナ関連銘柄の見込みは?

アンジェス(4563)の株価から買い時、タイミイングを考察していきます。 マザーズ上場の創薬ベンチャー。 ...(続きを読む)
2020.05.26
個別銘柄分析

鹿島建設(1812)の株価 買い時、売り時は?配当は?

鹿島建設(1812)の株価から買い時・売り時を考察していきます。鹿島建設は、大成建設、大林組、清水建設、竹中工務店と共にスーパーゼネコン5社の一角。チャートから株価は長期的に下落傾向、急落も。配当は安定的だが、売り時です。株主優待等の情報も。
個別銘柄分析

村田製作所(6981)の株価 なぜ株価が急落?配当は?

村田製作所(6981)の株価から買い時、タイミイングを考察していきます。過去10年・20年ののチャートで長期的に見ても安定した銘柄ですが、なぜ株価が急落したか?を分析。配当、株主優待についても。
2020.04.28
まとめ記事

【コロナショック】原油先物が暴落、初の価格「マイナス40ドル」

2020年4月20日、原油先物が暴落。史上初めて0ドルを割りマイナス37.59ドルを記録した。 この影響からダウ...(続きを読む)