キーエンス(6861)の株価 買い時か?売り時か?

キーエンス株価
この記事は約3分で読めます。

キーエンス(6861)の株価から買い時、タイミイングを考察していきます。

結論としては、買い時ではない銘柄であるものの、下落時に買いの銘柄です。

キーエンス株価まとめ

キーエンス(6861)の株価情報

キーエンスの株価

株価:39,450

PER:-倍

PBR:5.73倍

配当金:150円

配当利回り:0.38%

2020/01/17のデータ

キーエンスの事業内容

キーエンスは、ファクトリー・オートメーション(FA)総合メーカー。

FA用センサ等、高付加価値製品を通じて生産現場の生産性・品質向上させています。

25万社以上の取引先が存在し、国内だけでなく、海外展開も行い46ヵ国210拠点で事業を展開中。

世界中の「ものづくり」をサポートしています。

事業セグメント

電子応用機器の製造・販売:100%

自動車、半導体、電子・電気機器、通信、機械、化学、薬品、食品など、製造業のあらゆる分野において25万社以上の取引先が存在しています。

キーエンスの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

長期チャートで見る限りは上昇しており、比較的安定しています。

リーマンショック前後の最安値3,000後半から考えると、現状では10倍以上の株価になっています。

2019年11月の窓明けがあり、更に上昇しています。上昇・下落の幅が大きいため注意が必要です。

経常利益の推移

2020年は大幅減益か?


2016年:1,569 億円
2017年:1,734 億円
2018年:2,988 億円
2019年:3,198 億円
2020年:-

毎年経常利益は安定に出しています。ただし、2020年の売上は減少予想です。

財務状況

自己資本比率:94.4%

有利子負債自己資本比率:-

ROE:15.23%

EPS:1,864.91円

流動比率:1274.2%

有利子負債がなく、自己資本利益率も全く問題ありません。

株価がこれだけ高騰してきた理由も納得の数値です。

キーエンスの株主優待

キーエンスの株主優待は特にありません。

キーエンスの今後

キーエンスの今後を左右するのは、米中貿易戦争、そして、企業の設備投資状況です。

前回急落したのはリーマンショック時、チャイナショック時には特に影響はありませんでした。

しかし、時が経ち中国でもFA導入機会・設備投資が増えています。

不景気となった場合に即下落する可能性が高い状況です。

まとめ

キーエンスの業績・資産状況・収益性、どれを取っても素晴らしい成績です。

しかし、株価の割高感は否めません。現時点で急いで買うような銘柄ではなく、世界の設備投資状況、そして、キーエンスの株価を見て買い時を判断する。

じっくりと腰を据えて見ていく銘柄と言えます。

コメント