メルカリ(4385)の株価 どこまで下がるのか?今後は?

メルカリ株価
この記事は約3分で読めます。

メルカリ(4385)の株価から買い時・売り時を考察していきます。

日本で唯一のユニコーン企業ですが、買いか・売りか?

結論として、売り時の銘柄です。

メルカリ株価まとめ

・2Q累計売上高は39%増と2期連続の増収

・2Q累計最終赤字は前年同期より96億円増加…

・Fintech分野のメルペイが赤字要因…売却、切り離しも難

・適正株価は300円程か

メルカリ(4385)の株価情報

メルカリの株価

株価:1,630

PER:-

PBR:6.19倍

BPS:263.21

配当金:-

配当利回り:-

2020/03/20のデータ

メルカリの事業内容

スマホ向けフリマアプリ国内首位。

販売手数料が収益の柱。スマホ決済「メルペイ」など金融強化中だが…。

事業セグメント

マーケットプレイス関連:100%

CtoCの分野では国内TOPであり、国内で注目されていた企業でした。

決済分野のメルペイを展開していましたが、SoftbankのPaypay一強となり、非常に厳しい状態が続いています。

メルカリの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

メルカリのチャートを見る限り、初音から続落している事が分かります。今後も続落するチャートの形を描いています。

底値をさがしている状態ですが、底が見えません。

経常利益の推移

2016年:-0.97 億円
2017年:-27 億円
2018年:-47 億円
2019年:-121 億円
2020年:-

大幅な赤字が続いています、QR決済のメルペイで赤字が拡大していると見れます。

財務状況

自己資本比率:31.1%

有利子負債自己資本比率:103.47%

ROE:-26.13%

EPS:-94.98円

流動比率:248.8%

財務状況はマズイ状態です。ユニコーンでありこれからの成長を期待したいところですが、厳しい内容です。

メルカリの株主優待

メルカリの株主優待は特にありません。

メルカリの今後

直近の問題は黒字化ですが、先が見えない状態です。

オリガミペイの買収を1円で行っていますが、不必要な買収でした。

ただでさえ赤字分野であるメルペイの停止or売却が必要か…というところです。

しかし、停止・売却ができなければ、メルカリの身売りが現実味を帯びます。

まとめ

メルカリの数値を確認してきましたが、今後の期待が厳しい内容でした。

結論として、株価はどこまでも落ち、続落していくと言えます。売り時です。

コメント