武田薬品(4502)の株価 高配当の銘柄…買い時は?

武田薬品工業株価
この記事は約3分で読めます。

武田薬品工業(4502)の株価から買い時・売り時を考察していきます。

比較的高配当の銘柄ですが、本当に買い銘柄でしょうか?

結論として、高配当であるものの買いではありません。

同セクターであればアステラス製薬が成長性あり。

武田製薬品工業株価まとめ

・通期経常は赤字幅大幅縮小の見込み

・3Q累計売上高は83%増で4期ぶりに過去最高を更新

・1株あたりの配当利回りは4.57%、180円

武田薬品工業(4502)の株価情報

武田薬品工業の株価

株価:3,938

PER:34.69倍

PBR:1.26倍

BPS:3,127.64

配当金:180円

配当利回り:4.57%

2020/02/27のデータ

武田薬品工業の事業内容

国内製薬トップ。中枢神経、消化器、希少疾患等に重点。

がんの新薬開発に強化。

シャイアーの巨額買収でで世界売上上位10強入り。

事業セグメント

医薬品:100%(米国:50%、欧州:19%、日本:18%、新興国:13%)

タケダは、革新的な医薬品を事の中心に位置づけながら、新興国と先進国の市場特性に合わせて、競争力の高い製品ポートフォリオを構築しています。

世界約80ヵ国に事業基盤を有するグローバル製薬企業としての強みを最大化していきます。

武田薬品工業の株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

武田薬品工業の株価は、長期的に見ると2006年に最高値の8000から下落、現在は半減しています。

10年チャートでも上昇している様子が伺えません。

経常利益の推移

2020年は大幅な減益予想


2016年:1,205 億円
2017年:1,433 億円
2018年:2,172 億円
2019年:948 億円
2020年:-1,400 億円(会社予想)

シャイアー買収が影響し、連結最終損益は赤字となる見込み。

しかし今後は、カデミアやバイオベンチャーとのパートナーシップを加速させ、研究開発型企業としてのプレゼンスを高め投資を回収し、業績をプラスに転じる道筋をつける方針。

財務状況

自己資本比率:37.2%

有利子負債自己資本比率:111.46%

ROE:3.05%

EPS:113.50円

流動比率:121.5%

財務状況を見る限り、ROEの低さが目立ちます。

買収を進めた事で利益額に影響しています。ただ現時点では、大きな問題とは言えません。

武田薬品工業の株主優待

武田薬品工業の株主優待は特にありません。

武田薬品工業の今後

武田薬品工業はシャイアー買収で希少疾患の治療薬などを得ましたが、それが永久に収益をもたらす訳ではありません。

今後は次世代の新薬の開発を成功させられるかが鍵となります。

保有資産が減少しているため、数年は財務の改善に力を注ぐ方針。

さらなる大型M&Aに踏み切る可能性は低いと言えます。

新薬開発の成功が望めない場合は、何らかの決断が必要となります。

まとめ

武田薬品工業の株価を見る限り、直近ではゆるやかな下降傾向です。

長期的な10年チャートで見ても、4,000~6,000をレンジで推移。

巨額買収からの収益改善が課題ですが、短期間での回収は難度が高いと言えます。

結論として、高配当であるものの買いではありません。

同セクターであればアステラス製薬が成長性ありです。

アステラス製薬の記事はコチラ

コメント