ニトリホールディングス(9843)の株価 買い時か?売り時か?

ニトリ株価
この記事は約3分で読めます。

ニトリホールディングス(9843)の株価から買い時、タイミイングを考察していきます。

結論としては、現時点では買い時とは言えません。ただし、長期的には保有すべき銘柄です。

ニトリ株価まとめ

ニトリホールディングス(9843)の株価情報

ニトリホールディングスの株価

株価:17,160

PER:26.96倍

PBR:3.53倍

配当金:108円

配当利回り:0.63%

2020/01/17のデータ

ニトリホールディングスの事業内容

事業セグメント

家具・インテリア用品の販売:98%
その他:2%

創業以来、ニトリは家具・インテリア用品の販売を行っています。

規模は全国トップの家具・インテリア製造小売りチェーンです。

海外に自社工場もあり、中国事業を育成中。

ニトリホールディングスの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

長期チャートでピークへ迫ってきている事に着目

チャートの動きのみで言えば、ダブルトップを形成しそうな段階。

ピークが近いという見方もできます。但し、低価格の家具は魅力もあり、一定の消費者も存在する事を考えれば、まだ上昇余地は残されています。

経常利益の推移

2020年は減益を予想。


2015年:679 億円
2016年:750 億円
2017年:875 億円
2018年:948 億円
2019年:1,030 億円
2020年:1,060 億円(会社予想)

経常利益が安定して上昇しています。経常利益だけを考えれば、今後も伸びがあると判断できます。

財務状況

自己資本比率:80.7%

有利子負債自己資本比率: 1.73%

ROE:15.13%

EPS:608.05円

流動比率:227.9%

自己資本比率が高く、有利子負債の少なさから安定した経営ができていると見れます。

ニトリホールディングスの株主優待

ニトリホールディングスの株主優待は、ニトリホールディングスで使える10%割引券の券です。

ニトリホールディングスの今後

ニトリは33期連続で最高益更新。

ニトリの会長、似鳥昭雄氏の影響が大きい。

「2032年、3,000店舗・売上高3兆円」に向けた3つの重点方針を掲げており、これが達成できるだけのポテンシャルは備えています。

まとめ

ニトリの株価は現時点で高いものの、これから更なる上昇も可能性があり。

将来的には保有すべき銘柄と言えます。

コメント