みずほフィナンシャルグループ(8411)の株価 配当狙いなら買いか?

みずほ株価
この記事は約2分で読めます。

みずほフィナンシャルグループ(8411)の株価から買い時、タイミイングを考察していきます。

2万円以下で購入できる値ごろな株価でありながら、高配当な銘柄です。

みずほフィナンシャルグループ株価まとめ

・3Q累計売上高は3%増と8期連続の増収

・3Q累計経常利益は3%増

・配当利回りは4.5%、7.5円

みずほフィナンシャルグループ(8411)の株価情報

みずほフィナンシャルグループの株価

株価:157

PER:8.4倍

PBR:0.5倍

配当金:7.5円

配当利回り:4.66%

2020/02/15のデータ

みずほフィナンシャルグループの事業内容

事業セグメント

リテール・事業法人 RBC:38%
大企業・金融・公共法人 CIC:22%
グローバルコーポレート GCC:18%
グローバルマーケッツ GMC:20%
アセットマネジメント AMC:2%

3メガバンクの一角。

旧富士、第一勧業、日本興業の3行が前身。

銀行・信託・証券の連携加速させています。

みずほフィナンシャルグループの株価の推移

■10年チャート

■1年チャート

長期チャートで見る限りは150後半~250代を推移。

株価のピークは2015年のアベノミクスから2年経過した辺り。

現在は徐々に株価が下落、一旦の底としては150付近です。

経常利益の推移

2020年の経常利益は減益予想か?


2016年:9,975 億円
2017年:7,375 億円
2018年:7,824 億円
2019年:6,141 億円
2020年:-

過去5年の経常利益を見る限り、直近の経常利益では減少傾向です。

財務状況

自己資本比率:4.3%

有利子負債自己資本比率:-

ROE:1.08%

EPS:3.80円

流動比率:-

財務状況も問題ありません。

みずほフィナンシャルグループの株主優待

みずほフィナンシャルグループの株主優待はありません。

みずほフィナンシャルグループの今後

まとめ

みずほフィナンシャルグループの株価をみてきましたが、現状の株価から配当利回りを見ると、お買い得といえます。普通に預金するようりは配当の方が良いです。

今後の株価の影響も考える必要がありますが、安定した配当利回りを考えれば、買いと言えそうです。

コメント